*

~ガジェットのその先へ~

Twitter Webサービス

[Twitter]Twitterが最長420文字の説明文を画像に付けられる「画像の説明」機能を開始

2016/10/30

Twitterは視力の弱い方にも画像の内容を伝えられるように「画像の説明」機能を開始しました。

「画像の説明」に使えるのは420文字まで。

「画像の説明」を入力することで読み上げソフト等を使った時に読み上げがされるようになるとのこと。

尚、この機能はRest APIが公開されているのでサードパーティTwitterクライアントの対応も可能になっている。

詳しい設定方法は下のリンクにて見ることが出来ます。

https://blog.twitter.com/ja/2016/0330alt

\シェアお願いします!/

更新通知を受け取る

この記事を書いた人:Chikuwa

ちくわとガジェットを好む、ガジェットライフ管理人。 当ブログへのお問い合わせは、ページ下のお問い合わせからお願いします!

-Twitter, Webサービス
-,

関連記事

[Google Maps]Android版で地図にステッカーを張る機能が追加されたそうなので使ってみた

先日…と言えどもう2日も前ですが、Google Maps Android版で地図 ...

定額制音楽配信サービス世界最大手の「Spotify」、9月頃に日本上陸か

以前、今年7月にも日本国内でサービス開始の噂があった、定額制音楽配信サービス世界 ...

[悲報]Amazon、送料無料を廃止し、2000円以下は350円に

全商品送料無料だったAmazonが、送料の有料化を発表した。 https://w ...

Twitter、特定のワードやハッシュタグ、会話の通知をミュートできる機能をリリース

Twitterは、既にあるミュート機能に、特定のワードやハッシュタグ、会話をミュ ...

[Spotify]Spotifyの招待コードを即受け取る方法

この前日本でのサービスが開始された音楽配信サービスSpotifyですが、登録をす ...