*

~ガジェットのその先へ~

Twitter Webサービス

[Twitter]Twitterが最長420文字の説明文を画像に付けられる「画像の説明」機能を開始

2016/10/30

Twitterは視力の弱い方にも画像の内容を伝えられるように「画像の説明」機能を開始しました。

「画像の説明」に使えるのは420文字まで。

「画像の説明」を入力することで読み上げソフト等を使った時に読み上げがされるようになるとのこと。

尚、この機能はRest APIが公開されているのでサードパーティTwitterクライアントの対応も可能になっている。

詳しい設定方法は下のリンクにて見ることが出来ます。

https://blog.twitter.com/ja/2016/0330alt

この記事を書いた人:Chikuwa

このブログの管理人やってます。

-Twitter, Webサービス
-,

関連記事

Twitter、低品質なツイートを通知から表示にするクオリティーフィルター機能を追加。

Twitterは、低品質のツイートを通知タブから非表示にできる「クオリティーフィ ...

Amazon Kindle Unlimitedから人気本が消滅。利用者過多が原因?

今月3日から始まった、Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Un ...

[Dropbox]デスクトップ版「Dropbox」が「Windows XP」のサポートを8月29日で終了と発表。

デスクトップ版「Dropbox」が、8月29日でWindows XPのサポートを ...

[Twitter]Twitter、140文字制限を緩和へ。自分のツイートがリツイートできるように

Twitterは、ツイートの140文字制限を緩和するなどの仕様変更を発表した。 ...

[YouTube]YouTubeで一部のユーザー向けにテスト中の新デザインを使う方法

とある、ユーザーがYouTubeの一部のユーザ向けにテストが行われている新デザイ ...

Share

更新通知を受け取る