*

~ガジェットのその先へ~

スマートフォン

[熊本地震]Softbank、気球型の基地局を被災地に初導入。

2016/10/30

Softbankは先日の熊本地震を受け被災地に気球型の臨時基地局を初導入した。

スポンサーリンク

200人が通話可能に

Softbankによると、気球型基地局により、携帯電話がつながりにくい地域でも、気球の周辺5~10kmの範囲で、200人がソフトバンクやY!mobileの携帯電話での通話が可能になるとのこと。

image

スポンサーリンク

東日本大震災を受け開発

Softbankは、2011年の東日本大震災で基地局が使えなくなった経験を受け、気球型の基地局を開発していた。
[Source:iPhone Mania]

\シェアお願いします!/

更新通知を受け取る

こちらの記事も読まれています!

この記事を書いた人:Chikuwa

ちくわとガジェットを好む、ガジェットライフ管理人。 当ブログへのお問い合わせは、ページ下のお問い合わせからお願いします!

-スマートフォン
-,

関連記事

Huawei、「honor 8」のAndroid 7.0アップデートを1月16日より順次提供

Huaweiは「honor 8」のAndroid 7.0アップデートを1月16日 ...

「Pokemon GO」がアップデート。マップの不具合の修正や近くのポケモンの足あと機能が削除、アバターが修正できるように。

「Pokemon GO」がアップデートされました。 - トレーナーアバターがプロ ...

(速報)auからXperia X Performance (SOV33)が登場!

スポンサーリンク Xperia X Performance (SOV33)がau ...

Androidや、Windows10未満でAppleの発表会を見る方法

ついに数時間後に迫ったAppleの発表会ですが、公式サイトからストリーミングする ...

[Docomo]VoLTE国際ローミングを開始。まずは韓国から