*

~ガジェットのその先へ~

IT/科学 PC

[京の9倍!?]中国製スーパーコンピュータが世界一に!!

2016/10/30

In this photo released by the Xinhua News Agency and taken on June 16, 2016, the Sunway TaihuLight, a new Chinese supercomputer, is seen in Wuxi, eastern China's Jiangsu Province. A supercomputer from China has topped a global list of the fastest systems for a seventh straight year, and for the first time the winner, Sunway TaihuLight, uses only Chinese-designed processors instead of U.S. technology. (Li Xiang/Xinhua via AP) NO SALES

1993年から今日まで、世界で最も高速なコンピュータシステムの上位500位までのランク年2回発表している「TOP500.org」が、今月20日に最新ランキングを発表し
一位にはなんと中国製スーパーコンピュータ「神威・太湖之光(TaihuLight)」がランクインしました。

スポンサーリンク

今まで中国が一位になったことは無かったの?

無題

そんなことはありません。実際に2015年後期のランキングでは中国の「天河二号(Tianhe-2)」が一位でした。
では何が中国製なのかといいますと、昨年一位の天河二号が米Intel製のCPUだったのに対し、今回の神威はCPUに全て中国製のものを使用しているのです!

スポンサーリンク

どのくらいスペックあるの?

TOP500.orgによればLINPACK (リンパック)*を使用してベンチマークしたところ93ペタフロップス(一秒間の計算回数)のスコアが出たとのこと...。
*コンピュータ上で線形代数学の数値演算を行うソフトウェアライブラリ。

そう言われてもピンと来ないと思います。これはIntel Core i7 Haswell(384ギガフロップス)に対し約242187倍のスコアが出ているということになります。昨年一位の天河二号は34ペタフロップスで半年間で3倍の高速化に成功したことになります。

スポンサーリンク

京とはどれぐらい違うの?

Sunway-TaihuLight

神威は93ペタフロップスなのに対し、京はわずか10ペタフロップスと、9分の1しかありません。
といっても神威に使用されているCPUの数は10,649,600個、京に使用されているCPUの数は88,128個と...これはCPUの性能というよりは数で勝負している気がしますね(笑)

ついこの間までは世界一と誇っていた京もどんどん抜かされて今では世界5位まで成り下がってしまいました。諸行無常です...

\シェアお願いします!/

更新通知を受け取る

こちらの記事も読まれています!

この記事を書いた人:NeetShin

楽して生きていきたい金欠系学生ブロガー / モチベーション低い BLOG→http://sigurd.dio-vox.com/

-IT/科学, PC
-, ,

関連記事

[Apple] Apple、日本時間10月28日午前2時に新製品発表会を開催 - 発表されるもの予想まとめ

スポンサーリンク Appleが10月28日に発表会を開催 米Appleが10月2 ...

[ASUS]ASUSが液晶一体型デスクトップPC「All-in-One PC ET2231IUK」を発売!

ASUSが発売した『All-in-One PC ET2231IUK』は、Wind ...

[レビュー]iPhone、iPad、iPod touchのデータを復元、バックアップ出来る最強ソフト「EaseUS Mobisaver」を使ってみた

今回は、EaseUS Software様に「EaseUS Mobisaver」を ...

[Acer]Acer、11.6インチChromebook「C730E-N14M」を4月27日より発売

日本Acerは本日、Chrome OS搭載のノートPCとしてAcer Chrom ...

[WWDC]AppleがWWDC 2016の配信ページを公開

Appleは、2016年6月13日 午前10時(日本時間 6月14日午前2時)に ...