*

~ガジェットのその先へ~

スマートウォッチ

Mi Band 2改良版!?スマートウォッチAmazfit Arcレビュー 開封編

お久しぶりです。ちくわです。

私は、以前Mi Band 2を自腹で購入しましたが、ゴムバンドが分裂してしまい、ちょうど新しいスマートウォッチが欲しいなと思っていました。

そこで、Xiaomiの出資会社であるHuamiという会社から販売されている「Amazfit Arc」というスマートウォッチを提供していただいたのでレビューしていきたいと思います!

提供:Gearbest.com

スポンサーリンク

スペック

重さ20g
バンドサイズ15.5cm ~ 23cm
防水性能IP67
BletoothBluetooth 4.0
バッテリー容量70mAh
充電時間約3時間
待機可能時間約20日

スポンサーリンク

いざ開封!

まずは、外箱。

トップが透明になっていて「Amazfit Arc」が見えるかたちになっています。

Mi Band 2の外箱は半透明ではなく、至って普通の紙箱でしたが、「Amazfit Arc」の外箱の方が少し高級感があります。

 

箱上部には「Amazfit」のロゴが印刷されています。

トップのプラスチックを開けると「Amazfit Arc」がお目見えします。

付属品は

  • 取扱説明書
  • 充電ケーブル
  • 本体

と至ってシンプル。

「Amazfit Arc」本体には、保護用のシートが貼り付けられていました。

保護シートを剥がすと、ツルピカの本体がお目見えします。

本体表面下部の「ー」は、タッチボタンとなっていて軽くタッチすることで表示項目の変更や、心拍数測定などの操作を行うことができます。

本体裏面には、心拍数センサーがついています。

バンド部分はゴムとなっていて、金具で長さを調整できます。

スポンサーリンク

充電がMi Band 2よりダンゼン簡単に

Mi Band 2では、Mi Band 2本体をバンドから取り外して充電する必要がありましたが、「Amazfit Arc」では、バンドと本体が一体になっているため、充電するときは付属のケーブルを繋ぐだけと簡単になっています。

また、このケーブルは磁石が入っていてコネクタ付近に近づけるとカチッっと勝手にハマってくれます。

スポンサーリンク

今回は、開封編ということでここまで。

次回は、実際に使ってみてわかったことや、Mi Band 2との違いなどを紹介したいと思います!

GearBestで購入

\シェアお願いします!/

更新通知を受け取る

こちらの記事も読まれています!

この記事を書いた人:Chikuwa

ちくわとガジェットを好む、ガジェットライフ管理人。 当ブログへのお問い合わせは、ページ下のお問い合わせからお願いします!

-スマートウォッチ
-, , , ,

関連記事

[WWDC 2016]Apple,「Watch OS 3」を発表。随時更新中

AppleはWWDC2016で「Watch OS 3」を発表した。 スポンサーリ ...

Galaxy ウェアラブル端末用アプリ「Gear S」iOS版の配信が開始

Galaxyは、 ウェアラブル端末用アプリ「Gear S」のiOS向け配信を開始 ...

[AppleWatch]「Apple Watch」で「Windows 95」を動作させる猛者が現れる

Nick Lee氏が「Apple Watch」で「Windows 95」を動作さ ...

ドコモ、リストバンド型活動量計「ムーブバンド3」を発表

スポンサーリンク ドコモ、リストバンド型活動量計の新製品「ムーヴバンド3」を発表 ...

[速報]Apple、新しいApple Watch用バンドを発表