*

~ガジェットのその先へ~

Google IT/科学 音響機器

[自腹レビュー]Google Homeを丸一日使い通してみた!

Google Homeを丸一日使い通してわかったこと

Google Homeを日本発売日の10/6に購入しました。

夕方、衝動的に買いに行ったのですが何個か売れている模様でした。

 

2017年に入ってから話題が尽きないAIスピーカーをようやく家に迎え入れました。

よろしく。Google Home。

 

シンプルかつコンパクトですごくかっこいい!

 

スポンサーリンク

Google Home開封の儀

多分このページ見てる方は他のGoogle Home関連の記事を見てきていると思うのであまり詳しくは製品に関しての紹介はしません。

値段はヤマダ電機で税込15000円ほど。ポイントを使ったので1万円出して買いました。

ビックカメラでは二台で21000円のセールやら、Chrome Cast付きで15000円のセールとかやってるっぽくて田舎民の僕は悲しいです。(ネット通販でも同じセールで買えるそうだけど、早く欲しかったから仕方がないですね)

 

写真に関しては、一眼レフを親父に貸していて手元にないのでスマホで撮った写真ですがお許しを。

縦長の大きめの箱

IPhone7を縦に1.7個分くらい。

結構ずっしりとしてる。

 

かぶさっているタイプの箱(伝われ)

それを取ると背中にひだをつけた箱が。

それを上に持ち上げると!!

こんにちはGoogle Home。

 

高さはiPhone7と変わりません。

 

ACアダプタが入っています。

特殊な電源ケーブル(?)。microUSBとかでは給電不可。

そして給電をし続けないといけないので、持ち運びとかは基本的に不可。

 

最初に持っているスマホにGoogle Homeアプリをインストール。

スマホから簡単に全ての設定が行えます。

AndroidでもiPhoneでも大丈夫です。

スマホからも操作可能です。

 

 

後ろにはミュートボタン。反応して欲しくないときとかに使う用ですね。

そこを押すとオレンジのランプがつく仕様。「マイクはミュートされています」というご丁寧なアナウンス付き。解除すると「マイクはオンです」と言われます。

ちなみにミュートしてもスピーカーの機能は停止せずそのまま音楽は流れます。

 

操作は本体上部をタッチ。

 

右回転スワイプで音量UP

左回転で音量DOWN

シングルタップで再生/停止

 

でも基本は「OK,Goole 音量上げて/曲止めて」で操作するのがメインかな?と思います。

 

スポンサーリンク

スピーカーとしてはどうか

素人目ですが、音質は概ね良好かなと思います。

 

しっかり低音が響いていて高音も通っていると思います。

 

まあこもり気味ではあるんですが。。この価格帯のスピーカーならこんなもんだと思います。

全然PCやスマホ内蔵のスピーカーよりは良いです。

 

好きな曲はSpotifyやGoogle Musicからかけられます。

もちろんお金は必要ですが一ヶ月千円なので良いでしょう。

 

個人的にGoogle Musicは好きじゃないのでSpotifyで音楽を流します。

 

僕「OK,Google EGOIST流して!」

Google Home「SpotifyでEGOIST再生します」

といってシャッフルプレイしてくれます。

もちろん「人気の曲流して」といったら流してくれるし、

日常に気軽に音楽が入り込んできます。

曲名も聞けばこたえてくれます。

 

ちなみにApple Musicの曲は流せないので泣きそうです。

 

スポンサーリンク

AIはどうか

天気や気温はもちろん、いろいろなことを教えてくれます。

キリンの鳴き声、あなたは知っていますか?

Google Homeは知っています。そして教えてくれます。

「OK,Google キリンの鳴き声は?」

この音量の大きさはスピーカーの音量と同じです。

 

結構言い回しが違くても聞き取ってくれてストレスが思ったよりも少なくてびっくりです。

 

職場までの交通状態も教えてくれます。

「職場までの渋滞情報を教えて」で渋滞しているかしていないかと。何分で行けるかを教えてくれます。

職場は登録できるのでいちいち住所を言わなくてOKです。

友達の家の住所までの距離を聞くと、自宅からの距離を教えてくれます。

わからないことは基本なんでも聞くことができるんです。

計算も、 日経平均株価も、為替レートも、多言語での挨拶も。

 

すばらしい.....

 

あまりそんなこと聞かないですが、ふと気になった時にスマホ出してブラウザ開いて文字打つより早いので良いです。

 

スポンサーリンク

家電を動かせる?

家の家電がスマートホームに対応しているとこのGoogle Homeをトリガーにして操作できます。

あいにく僕の家は対応しているものがないのですが、Hueというライトを近々導入したいです。

これができると寝たい時に電気消してって言えば良かったり、Hueのライトは色を変えれるので気分によって声だけで部屋の雰囲気を変えることができます。

未来感がすごい。

Chrome Castと合わせると動画も声操作で流せるのは感動しました。(NetFlixを使用)

 

スポンサーリンク

まとめ

全ての人が買いか?と言われれば悩みます。

間違えなくおすすめはできますが、できることはそんなに多くないので今紹介した機能の中で魅力に感じたものがあれば購入すると良いでしょう。

そしてスマートホーム化している人であれば絶対に買うべきです。

結構音声認識力は高いので、ストレスフリーで操作できます。

 

子供が調べ物をするきっかけにもなるのでぜひ小さいお子様がいる家庭にも導入して見てはどうでしょうか。

何台も繋げることができるので、リビングのGoogle Homeに向かって「寝室で音楽をかけて」と言えば寝室で音楽がかかります。

子供を起こすのにもいいのではないでしょうか。

そしてお年寄りでも使えるので、いろいろな効果も期待できそうです。

 

僕としてはほぼ音楽をかけているだけですが、いちいちスマホを操作しなくても良いのはとても快適です。

 

使う際は、若干熱くなるのでびっくりしないように注意してください。

本当に若干ですが。

 

まだ使用してからあまり日にちが経っていないのでまたわかったことがあれば記事にします。

 

\シェアお願いします!/

更新通知を受け取る

こちらの記事も読まれています!

この記事を書いた人:Yayoi

北海道の2000年3月生まれ高校生。 受験生ライター。 ガジェット系やSNS系や高校生ならではの視点での記事も書けることが特徴。

-Google, IT/科学, 音響機器

関連記事

Apple、「Beats X」の販売を開始

Appleは、「W1チップ」を搭載したBeatsのワイヤレスイヤホン「Beats ...

[レビュー]今更?AirPodsを買って見た!

買ってやったぜ。AirPods。(今更) はい弥生です。今回は上記の通りAirP ...

[京の9倍!?]中国製スーパーコンピュータが世界一に!!

1993年から今日まで、世界で最も高速なコンピュータシステムの上位500位までの ...

Android版「スーパーマリオラン」の事前登録が受付開始!Android版の事前登録をする方法

先日、iOS版が配信された「スーパーマリオラン」ですが、遂にAndroid版の事 ...

デスクトップで包まれるような感覚を体感できるVRアプリが発売!!

昨日、「仮想空間デスクトップ」のバージョン1.0がSteamでリリースされました ...