*

~ガジェットのその先へ~

Android スマートフォン

[レビュー]ASUS「ZenFone Max」を購入してみた。

2016/10/30

1ヶ月以上の待ち受けが可能という5000mAhバッテリー搭載のスマートフォン「ZenFone Max」がASUSから発売されました。

既に発売前から予約していた友人が居たので、触ってきました!

スポンサーリンク

基本スペック

  • プラットフォーム
    Android™ 5.0
  • 本体カラー
    ブラック/ホワイト
  • サイズ
    156 ×77.5 ×5.2 mm ~ 10.55 mm
  • 質量
    202 g
  • 対応CPU
    Qualcomm® Snapdragon™ 410
  • GPU
    Adreno 306
  • 対応メモリ
    2GB LPDDR3 RAM
  • ストレージ機能
    eMMC 16GB
    5GBASUS WebStorage(永久無料版)
  • ネットワーク
    無線LAN 802.11b/g/n
    microUSB
    Bluetooth V4.1
    microSIMスロット×2
  • 対応無線規格
    2G :
    GSM :
    850/900/1800/1900
    3G :W-CDMA 800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/1900(2) /2100(1)
    4G :
    FDD-LTE:
    2100(1)/1800(3)/850(5)/800(6)/900(8)/1700(9)/800(18)/800(19)/700(28)
  • 表示機能
    5.5型, 1,280×720ドット(HD),IPS
  • インターフェース
    USBポート:microUSB×1
    SIMカードスロット:microSIMスロット×2
    カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
    オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • バッテリー機能
    5000 mAh リチウムポリマーバッテリー
  • カメラ機能
    前面 500 万画素
    背面 1300 万画素

(引用:ASUS公式サイト

カラーラインナップは白と黒の2色。

今回は、黒を購入しました。

スポンサーリンク

早速開封!

ASUS公式サイトから購入しました。

IMG_3304

このセットだと、

  • IIJmio音声通話
  • microSD(16GB)
  • 純正画面保護フィルム

がついて30,024円とお買い得だと思います。

IMG_3305-f

1番外側の箱を取ると本体がお目見えします。

IMG_3309

さらに本体の下には付属品が入っていました。

IMG_3345

取り出してみました。

左から、イヤホン用イヤーピース、イヤホン(カナル型)、USB-microBケーブル、USBアダプターです。

写真にはありませんが、「リバースチャージ機能」用のケーブルも付属していました。

IMG_3343

電源を入れてみると初期設定が始まります。

IMG_3311

初期設定を終えるとホーム画面のお目見えです。

(既にアプリを一個入れてしまったのがちょっと残念(汗))

IMG_3349

スポンサーリンク

SDカードを挿入!

特典でついてきたSDカードを挿入したいと思います。

まず、裏蓋と本体の間に爪を入れるようにして外します。

少し、コツがいりましたw

IMG_3334

SDカードを入れるところはカメラの下でした。

IMG_3336

いざ、挿入!

IMG_3337

完全に隠れるのかと思ったらこれが限界でした(汗)

ちゃんとハマってないのかと思っちゃった。。

デュアルSIMスロットは端っこに付いていました。

IMG_3338

SDカードも無事認識できました!

また、アプリを一個も入れずに初期の状態でも内部ストレージの空きは9GB以上空いていました。

IMG_3340

スポンサーリンク

スマートフォンがモバイルバッテリーに!「リバースチャージ機能」が結構いいかも!

「ZenFone Max」には「リバースチャージ機能」という、いわばスマートフォンをモバイルバッテリーとして使える機能が付いているんです。

この機能を使えば本体バッテリー5000mAhを使いこなせますね。

IMG_3364

写真では「ZenFone Max」のバッテリーからiPodTouch6Gを充電しています。

スポンサーリンク

外観

IMG_3349

IMG_3352

IMG_3353

上部にはイヤホンジャック。

IMG_3357

iPodTouch6Gと比べてみるとこの大きさ。

IMG_3316

実際に持ってみるとこんな感じ。

IMG_3350

背面はこんな感じ

IMG_3366

 

レザー風加工がされているのでケース無しでも手に馴染んでいい感じ。

スポンサーリンク

総評

外観も特に安っぽい感じもなく、スペックもネットブラウジングやSNS程度なら問題なし。

これで、「30,024円」は買いだと思います。

撮影協力:友人

撮影機材

http://www.amazon.co.jp/dp/B004MKNE5C/ref=wl_it_dp_o_pC_S_ttl?_encoding=UTF8&colid=15SH6I5MY0SAL&coliid=I2AX7ORYGMOVY1&psc=1

関連リンク

https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Max-ZC550KL/

購入はこちら

http://shop.asus.co.jp/zenfone/list/ZenFone%20Max/id/79/

\シェアお願いします!/

更新通知を受け取る

こちらの記事も読まれています!

この記事を書いた人:Chikuwa

ちくわとガジェットを好む、ガジェットライフ管理人。 当ブログへのお問い合わせは、ページ下のお問い合わせからお願いします!

-Android, スマートフォン
-, , ,

関連記事

マクドナルド、全国で無料WiFi導入

マクドナルドは6月20日から、店舗にて無料で利用できる「マクドナルド FREE ...

スマホユーザーの5人に1人がPokemon GOをプレイしているとの実態調査の結果が明らかに

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、「Pokemon GO」について、全国47 ...

高機能Twitterクライアント「Tweetbot」iOS版 Mac版とも半額の600円でセール中!

昨日の記事執筆時点ではiOS版のみ600円の半額セール中でしたが、Mac版も半額 ...

爆発が相次ぐGalaxy Note7、60%以上充電できなくなるアップデートを9月20日より配信

AP通信などによれば、爆発報告が世界中で相次ぐ、Galaxy Note7へバッテ ...

[Xiaomi]Snapdragon 821搭載「Xiaomi Mi 5S」を発表

Xiaomiが「Xiaomi Mi 5S」を発表しました。 スポンサーリンク 「 ...